蛇口を閉めても水が止まらない【その日に直す】

蛇口を閉めても水が止まらないというのは水周りで最も多いトラブルの一つです。

蛇口から水がポタポタと出る程度なら、原因のほとんどはパッキンの消耗です。

水がドバドバ出る場合は蛇口自体が壊れているので、すぐに水栓を閉めて、専門業者を呼びましょう。
放置すると水道代が恐ろしいことになりますよ…。

パッキンの交換も簡単そうに見えますが、自分でできそうに見えて意外とできない部分です。
パッキンの種類もたくさんあるし、素人ではわからないので早めに業者さんに見てもらいましょう。

⇒年中無休、即日対応の水の救急センターに連絡する

蛇口から水がポタポタと漏れる

蛇口を閉めても水がポタポタと止まらない場合、漏れている箇所によって交換すべき部品が変わります。

蛇口の先端から水が漏れている場合

水漏れの原因で一番多いのが、蛇口の先端から漏れている場合です。

この場合はハンドルを外して、本体内部のパッキンやナット等を交換する必要があります。

ハンドルの隙間から水が漏れている場合

ハンドル部分の三角パッキンの消耗が原因です。
ハンドルを分解して、三角パッキン等を交換する必要があるので業者さんじゃないと難しいです。

蛇口の各連結部分から水が漏れている場合

蛇口の連結部分から水が漏れている場合は、大半がナットのゆるみかパッキンの消耗が原因です。

ナットを閉めるのは自分でも簡単にできるので、まずはレンチ等でナットを閉めてみましょう。
それでも水が漏れる場合は内部のパッキン等の消耗が考えられますので、業者さんにお願いしましょう。

⇒年中無休、即日対応の水の救急センターに連絡する